頭脳の鋭敏なる読者

       十三の二

 頭脳の鋭敏なる読者は、私が貧乏退治の第一策として富者の奢侈《しゃし》廃止を掲げおきながら、その第一策を論ずる中に、私の話は一たびは富者を去って一般人のぜいたくに説き至り、さらに消費者責任論より生産者責任論に移りしを見て、ことに私の脱線を怪しまれたであろう。しかしこれはただ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:42 pm  

友人の話

 友人の話というはただこれだけの事である。そうして私はこれ以上具体的の話をするつもりはないが、ただひそかに考うるに、いかに営業の自由を原則とする今の世の中とはいえ、農工商いずれの産業に従事するものたるを問わず、すべて生産者にはおのずから一定の責任があるべきはずだと思う。 私は金もうけのために事業を...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:42 pm  

消費者責任論

       十三の一

 私はすでに前回の末尾において、富者はその財をもって公に奉ずるの覚悟がなくてはならぬと言ったが、かく言うことにおいて、私の話はすでに消費者責任論より生産者責任論に移ったわけである。 私はかつて、需要は本《もと》で生産は末であるから、われわれがもし需要さえ中止したならば、ぜ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 02:41 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0163 sec.

http://jumbo-mail.jp/