天下の公器である

 元来われわれは全力をあげて世のために働くを理想とすべきである。さればこの五尺のからだにしても、実は自分の私有物ではない、天下の公器である。なるべくこれをたいせつにして長く役に立つようにするという事は、それはわれわれの義務である。だから遊ぶのも御奉公の一つで、時によってはこのからだにも楽をさせぜいたくをさせてやらねばならぬ。しかしそれは私のいわゆるぜいたくなるものではない、必要である。遊ぶのではなくてお勤めをしているのである。 私のいうぜいたくと必要との区別はほぼ以上のごときものである。してみると、貧乏人は初めからさしてぜいたくをする余裕をもたぬ者である。それゆえ私は、倹約論は貧乏人に向かって説くべきものではなく――少なくとも貧乏人に向かってのみ[#「のみ」に傍点]説くべきものではなくて、主として金持ちに向かって説くべきものだと信じている。貧乏人はそれでなくとも生活の必要品が不足して、肉体や精神の健康を害しているのに、そのうえへたに倹約を勧めると、全くしかたのないものになる。されば私がぜいたくをもって貧乏の原因であると言うのも、ぜいたくをする者はやがて貧乏になるぞという意味ではなくて、富裕な人々がぜいたくをしているということが他の多数の人々をしてその貧乏なる状態を脱することあたわざらしむる原因であるという意味である。この点から言っても、私の勤倹論は従来の勤倹論とその見地を異にしている。従来の勤倹論は自分が貧乏にならぬために勤倹しろと言うのであって、その動機は利己的であるが、私の勤倹論は他人の害になるからぜいたくをするなというのであって、その動機は利他的である。 蓮如上人《れんにょしょうにん》御一代《ごいちだい》聞書《ききがき》にいう「御膳《おぜん》を御覧じても人の食わぬ飯を食うよとおぼしめされ候《そうろう》と仰せられ候」と。思うにこの一句、これを各戸の食堂の壁に題することを得ば、恐らく天下無用の費《つい》えを節する少なからざるべし。[#地から1字上げ](十二月十九日)

— posted by id at 02:21 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2333 sec.

http://jumbo-mail.jp/